ジスロマックやクラビットを服用してクラミジアをきっちり治療しよう

クラミジア治療薬の比較

physics

クラミジア治療のために用いられる治療薬の中でも有名なのが、ジスロマックとクラビットです。
クラミジア治療という目的は同じなため、どちらを利用して治療をおこなっても問題はありません。
しかし、異なる治療薬であるため、当然効果のあらわれ方や服用方法は異なります。
医薬品を服用するにあたって、切りたくても切れない関係にある副作用も異なります。
それぞれの特徴をしっかり把握し、より自身に適切な治療薬を服用するようにしましょう。
簡単にですが、ジスロマックとクラビットの特徴について紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
まずはジスロマック。
クラミジアはもちろん、その他さまざまな細菌に対しても有効な成分が含まれており、性感染症に効果的な治療薬のひとつです。
1度服用すれば1週間程度は効果が持続することから、コストパフォーマンスが非常に高い治療薬と言えるでしょう。
継続的に治療を続ける必要があるクラミジア治療において、必要な費用を大幅に抑えることができるというのは、とても魅力的なことだと言えるでしょう。
副作用の症状としては、下痢や吐き気など胃腸に関するものが多いです。
続いてクラビット。
クラビットもクラミジア治療に使われるだけでなく、さまざまな症状に効果的な治療薬です。
最近ではニキビ治療に用いられることもあり、活躍の場を広げているのです。
その有能さから、医療機関でも処方されることが多く、現在クラミジア治療において最も使用されている治療薬となっています。
副作用の症状として、吐き気や発疹が報告されていますが、これらの副作用は少なく、発症しても軽度であることが大きな特徴となっています。